ブログ 子供と片付け

子供が1人で片付けられるおもちゃの量ってどのくらい?

なかなか終わらない片付けにイライラする毎日

 

 

毎日のおもちゃの片付け、できればサクッと終わらせてほしいところですよね。

 

でも、「大人が思っている以上に時間がかかった」「片付けていたと思ったらいつの間にかおもちゃで遊んでいた」ということはよくあることではないでしょうか。

 

そのためせっかく作った食事が冷めてしまったり、寝る時間がいつもより遅くなったりすると

「なんでもっと早く片付けてくれなかったの!」

と、イライラすると同時に

「どうして1人で全部片付けることができないんだろう?」

「もしかしたら、私の教え方が悪かったのかしら・・・」

と、不安になるかもしれません。

 

 

「片付けやすいおもちゃの収納場所を決めているのに時間がかかる」とか、「途中で遊んでしまってなかなか片付けが終わらない」という場合は、おもちゃの量が多いために片付けの途中で集中力が切れてしまうのが原因かもしれません

 

 

子供が集中できる時間は意外に短い

 

子供が何かに集中できる時間は

・未就学児だと年齢×1~1.5分
・小学生だと学年×10分

だといわれています。

 

例えば小さい子供向けのテレビ番組などは、5~10分くらいの短い時間で内容が変わっていませんか?

 

テレビ番組のような子供が好きなことでさえ、集中して見られる時間に限界があるということを考えると、片付けに対する集中力なんて長くは続かないというのは仕方がないこと。

 

だからこそ、子供が集中できる時間で片付けられる量にしておくことが大事になってきます。

 

 

子供が集中して片付けられるおもちゃの量とは?

 

では、「子供が集中して片付けられるおもちゃの量」ってどのくらいだと思いますか?

 

例えば「収納用のカゴ〇個分」のように明確な基準があれば分かりやすいのですが・・・

残念ながらそうはいかないので困ってしまいます。

 

なぜならおもちゃの量が多いかどうかを判断するときの判断基準の主役は「そのお家の子供」だからです。

 

 

同じ時間でも片付けられるおもちゃの量は子供によって違いますのでね。

年齢とか性別などで決められるものではないんですね。

 

じゃあどうしたらいいのでしょう?

 

先ほどの「子供が集中できる時間の目安」を参考に考えると

子供が1人で10分以内に片付けられる量まで

が、その子にとってちょうどいいおもちゃの量ということになります。

 

ただ、未就学の子供は大人と一緒に片付けることが多いのでね。

「大人と一緒に5分以内で片付けられる量まで」だと思っていただければいいかと思います。

 

今、片付けにかかっている時間はどのくらいですか?

 

我が子にとってちょうどいいおもちゃの量の目安が分かったら、実際に今あるおもちゃが多いかどうか調べてみましょう。

 

といっても、ストップウォッチを持って時間を計る必要はありません。

ぴったり10分じゃなくても、大体の時間で構わないのです。

 

例えば、あなたのお子さんが好きな歌はありますか?

その歌の長さはどのくらいですか?

 

1曲2~3分くらいなら3回分

1曲4~5分くらいなら2回分

 

その歌を流しながら片付けてもらってください。

(場合によっては一緒に片付けても大丈夫です。)

 

その歌が流れている時間内に片付けられなかったら、おもちゃの量が多くて片付けが負担になっている可能性があるということになります。

 

 

おもちゃの量が多かった時の対処法

 

子供とおもちゃの整理

 

実際におもちゃを片付ける時間を計ってみて、思ったより量が多いと感じたとき

「うちのおもちゃは量が多い!減らさなきゃ!!」

と、いきなり減らさなくても大丈夫です。

 

どんなおもちゃも、子どもにとっては大切なモノ。

多いからといって急に数を減らすと言われたら、子供にとっては一大事です。

 

 

まずは

・なぜおもちゃの量を減らすのか

・どのくらいの量まで減らすのか

この2点をしっかり子どもに説明してあげてください。

 

 

そして子どもが納得してからおもちゃの見直しをする日にちを決めて、少しずつ整理をしていきましょう。

(整理とは?=今ある全部のおもちゃを「遊んでいるおもちゃ」と「遊んでいないおもちゃ」に分けて「今遊んでいるおもちゃ」だけを選ぶこと。)

 

 

整理した後の「遊んでいないおもちゃ」はすぐに捨てなくても構いませんのでね。

ひとまとめにして子供部屋やおもちゃ置き場とは違う場所に移動させるだけでも大丈夫です。

 

 

そして整理して「遊ばない」と判断したはずのおもちゃを「やっぱりまだ遊びたい」と子供が言ってきたときは、遊んでいるおもちゃのどれかと入れ替える形で復活させれば大丈夫。

それなら子供部屋やおもちゃ置き場のおもちゃの量は大きく変わりません。

 

大事なのは「子供が自分で片付けられる量を知ること」です。

そしておもちゃの量が多いかどうかの判断基準の主役は「持ち主である子供」です。

 

子供の片付けがストレスにならない毎日を送ることができるように、無理なく片付けられる量を一緒に考えてあげてくださいね。

-ブログ, 子供と片付け

© 2020 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美