ブログ 子供と片付け

子供が片付けやすいおもちゃの収納

おもちゃの収納の基本

 

おもちゃ 収納

 

収納を決めるときには「使うモノを使う場所に」収納するのが基本です。

 

たとえば子供のおもちゃの収納ですが、遊ぶ場所が子供部屋だとは限りませんよね。

小さい子供だと、家事をしながら目が届くようにとリビングで遊ぶことも多いはず。

その場合は子供部屋ではなくてリビングにおもちゃの収納があった方が便利だし、片付けも楽ちんです。

 

「生活感が出るのが嫌だからリビングにはおもちゃを置きたくない」という方もいらっしゃいますが、子供がリビングで遊ぶのは一時の短い期間だけのことです。

色を揃えるシンプルな収納用品にするなどすれば生活感を抑えることもできますのでね。

 

子供がリビングで遊ぶおもちゃはリビングに、子供部屋で遊ぶおもちゃは子供部屋に収納を作ってあげてくださいね。

(「どちらでも遊ぶ!」という場合は持ち運びしやすい収納に入れてどこに置くかは子供と相談してください。)

 

おもちゃの収納で見落としがちな3つのポイント

 

「おもちゃの収納を整えたのに、ちっとも片付けないんです。」
という場合は、収納が合っていないのかもしれません。

 

チェックするのは3つ。

・おもちゃの入れ物の大きさ
・おもちゃの入れ物の重さ
・おもちゃ置き場の高さ

 

ひとつずつご説明します。

 

おもちゃの入れ物の大きさは大きすぎないか?

 

よく3段ボックスにちょうど入るくらいの大きさの入れ物に細々としたおもちゃを入れていることがありますが、それでは子供が遊びたいおもちゃをすぐに見つけることができません。

 

遊びたいおもちゃが見つからないから入れ物ごとひっくり返す

全部出して遊ぶものの、片付けるときは細々としたおもちゃが多くて大変。

それが毎日だと、子供は片付けが面倒くさくて嫌になる。

 

そして入れ物が大きいと「何でも入る」と思ってどんどん入れてしまい、結局何が入っているのかさえ分からなくなってしまう恐れもあります。

 

長男が2歳ぐらいの頃、おもちゃを家にあるプラスチックの入れ物に入れていました。
(白状します。わざわざ新しく買うのをケチりました。)

私にとっては使いやすい入れ物の大きさだったのですが、長男にとっては大きすぎたのでしょう。

毎回全部ひっくり返して遊ぶものの、片付けはしないという日々が続いていました。

さすがに毎日だと私も困りますのでね。

長男が持てるくらいの小さめの入れ物を購入して入れると、毎回ひっくり返すこともなくなり、片付けもしてくれるようになりました。

 

我が家のようにならないためにも、おもちゃの大きさや子供に合った入れ物にしてあげてくださいね。

 

※時々「カゴなどに入れずに、直接棚に並べて片付けたい」という子供もいます。
その場合も子供の片付けやすい片付け方にしてください。

 

おもちゃの入れ物は重すぎないか?

 

おもちゃの入れ物も空っぽの状態では軽々と持てても、おもちゃを入れると重くて持てなくなることがあります。

大人が軽々と持てるモノでも、子供には重たいことがありますのでね。

 

重すぎると片付けるときに大変です。

しかも入れ物を引きずって床に傷が入ってしまう恐れも・・・

 

おもちゃの入れ物の大きさだけでなく、おもちゃを入れた状態で子供が持てる重さかどうかも確認してあげてくださいね。

 

おもちゃ置き場の高さは高すぎないか?

 

モノを出し入れしやすい高さは「目線から腰の高さまで」です。

でも、大人の目線から腰の高さじゃないですよ。

おもちゃの収納は、子供の目線から腰の高さに合わせてあげてくださいね。

 

収納場所の高さが高すぎると、子供には片付けにくいです。

そしておもちゃを出し入れしているときにバランスを崩して落下する恐れもありますのでね。

 

一番よく遊ぶおもちゃは子供の目線から腰の高さに。

次によく遊ぶおもちゃは腰から床までの高さに。

そしてどうしても目線から上の高さに収納しなければいけない場合は、軽いおもちゃにしてあげてください。

 

まとめ

 

使うおもちゃを使う場所に収納する
おもちゃの入れ物は大きすぎないか
おもちゃを入れた状態で子供が持ち運べる重さか
おもちゃを収納する棚の高さは子供の目線から下に

 

子供と一緒におもちゃの収納を考えるときは、この4つを意識してみてくださいね。

そして遊ぶおもちゃが変わったり、子供が成長して片付けにくいと感じるようになったら収納の見直しのサインです。

 

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美