ブログ 子供と片付け

子供のおもちゃ、勝手にこっそり捨ててはいませんか?

おもちゃをこっそり捨てるとどうなる?

 

毎日の片付けに時間がかかる

おもちゃが収納に入りきらない

 

そんなとき「おもちゃの量が多いからちょっと減らそう」と、子供がいないときに勝手にこっそり捨てていませんか?

 

子供と一緒におもちゃの整理をすると時間がかかりますからね。

SNSなどで「子供がいないうちにおもちゃを減らしました!」なんて書いてあるのを見ると、「その手があったか!」と思うのも無理はありません。

 

でも、子供がいないときに勝手におもちゃを捨てるというのはおすすめできません

 

もし、自分がいないときに自分の大切なモノを捨てられたら腹が立ちませんか?

それは子供だって同じです。

 

おもちゃを捨てられた子供の気持ち

 

一度自分がいないときに勝手におもちゃを捨てられてしまうと

「また勝手に捨てられるんじゃないか。」

と思って不安になる子がいます。

 

そして何かモノがなくなったり、見つからなかったりすると

「また勝手に捨てたんじゃないの?」

と、すぐに大人のせいにするようになる子もいます。

 

それが幼稚園、保育園や学校からのプリントだったとしても、なくなるのは大人のせい。

「それは捨ててない!」と言っても、「勝手に捨てた」という前科がありますのでね。

子供からしたら、大人が信用できないので聞く耳を持つことはありません。

 

そして「片付けても片付けなくても、どうせまた勝手に捨てるんでしょ。」と、投げやりな気持ちになってしまうことも・・・

 

こうなると、その子にとって片付ける意味はなくなります。

「ちゃんと片付けて!」と言われて片付けても、どうせ勝手に捨てられるんだったら片付けたって仕方がないですもんね。

 

 

そして怖いのは、ただ片付けなくなるだけじゃなく、親子の信頼関係がなくなることです。

大人だって何か話し合いたいと思っても、信用できない人とは話したくないじゃないですか。

 

そうならないためにも、子供がいないときに勝手におもちゃを整理してこっそり捨てるのはやめましょうね。

 

バレなければいい?

 

この話をすると

 

「もうずっと遊んでいないから、そのおもちゃがあること自体忘れているから大丈夫。」

「いつもこっそり捨てているけど、一度も気付かれたことがないからうちはセーフ。」

 

という方がいらっしゃいます。

 

確かに

・明らかにずっと遊んでいないおもちゃ

・どう見てもゴミだよね・・・と思うような紙切れ

・最後に読んだのはいつ?と思うくらいほったらかしの本

など、大人からすると「これって本当にいる?」と思うようなモノってありますからね。

 

「これくらいは大丈夫でしょ。」

と、こっそり捨てたくなる気持ちも分かります。

 

でも、それらの持ち主が子供である以上は、大人が勝手に判断してはいけません

 

本当におもちゃがあること自体を忘れていますか?

少し経って思い出すことはありませんか?

 

もしかしたら、思い出しても「また勝手に捨てたのか」と思っているかもしれませんよ。

 

そして大人は気づかれてないと思っていても、子供は気づいていることがあります。

勝手に捨てられても怒らないのは、子供の優しさかあきらめの気持ちかです。

 

 

以前

「うちの母さん、よく勝手にボクのモノを捨てるんじゃ・・・」

と、悲しそうに教えてくれた子がいました。(当時小学2年生の男の子でした)

でも、勝手に捨てた理由が「自分が片付けてなかったから」と言われると怒れなかったんですって。

「それで片付けるようになったの?」と聞くと「そんなんで片付けるようにはなれん!」とご立腹。

私はそれ以上その子にかける言葉が見つからず「そうじゃな。片付ける気にはなれんよな。」とだけ言ったのですが、胸が痛かったです。

 

 

おもちゃの整理は時間がかかる

 

 

おもちゃの整理をしていると途中で遊びだしたり

やっとやる気になっても「全部いる!」なんて言いだしたり

(そしてつい怒るとふて腐れて強制終了とか、泣けてきますよね。)

 

もしかしたら「兄弟姉妹がいるので1人にそんなに時間をかけられないんだけど・・・」という方もいるかも。

 

子供と一緒におもちゃの整理をするのは時間がかかりますのでね。

大変だし、面倒くさいと思うかもしれません。

 

でも、一度きちんと子供の片付けの負担にならないおもちゃの量まで整理できれば、あとは「増えたら見直す」の繰り返しです。

 

そうなればそこまで時間はかかりませんし、子供だって選ぶ力がついてくれば早く整理できるようになってきますのでね。

大変なのは最初のうちだけと思って、じっくり付き合ってあげてくださいね。

 

子供と一緒に気持よくおもちゃの整理をするには?

 

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミングっていつ?

 

 

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美