ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

整理収納で身につく子供の自立へつながる3つの力

 

 

整理収納で身につく3つの力

 

整理収納には

・時間的効果

・経済的効果

・精神的効果

という、3つの効果があると学びますが、子供の片付けでは自立につながる3つの力を育てることができます。

 

 

1.おもちゃの整理を通して身につく「選ぶ力」

 

自分にとって必要なモノを選んだり、物事の優先順位を考えることができるようになる力です。

 

私たちは毎日いろんな何かを選びながら生きていますよね。

 

例えば

  • 着る服
  • 食べるモノ
  • 誰とどこへ行くか
  • どんなテレビを見るか
  • 何時にお風呂に入り、何時に寝るか

という日常的なものから

 

  • 卒業後の進路
  • 働き方はどうするか
  • 結婚するかどうかやパートナーは誰にするか
  • どこに住むか
  • 子供はどうするか

など、人生においての大きな選択まで様々です。

 

 

これらの選択を自分以外の誰かに決めてもらうのではなくて、自分で考えて自分で決めることができるようになるために必要なのが「選ぶ力」です。

 

 

そして「選ぶ力」はおもちゃの整理をするときに子供自身が考えて自分にとって大切なおもちゃ、大事なおもちゃを選ぶことで身につきます。

だからこそ、大人が代わりに整理するのではなくて子供自身に考えるチャンスをあげて欲しい。

 

自分で考えて選んだモノを大人が受け入れてくれることで、子供の「選ぶ力」はどんどん育ちます。

 

 

2.収納を考えることで身につく「想像する力」

 

収納を考えるとき

  • これはどんな時に使うだろう?
  • これはどこで使うかな?

なども一緒に考えることによって、「想像する力」が身に付きます。

 

最初はうまくいかなくて、思ったより使いにくいということがあるかもしれません。

でも、その経験を重ねることで自分にとって出し入れしやすい収納とはどんな収納か?ということが分かるようになってきます。

 

自分が出し入れしやすい収納を考えるということは、「少し先のことを考える」こと。

 

つまりその日の予定に合わせて荷物を準備したりすることもできるようになってきます。

 

 

我が家の長男は大学進学のときに県外で一人暮らしを始めましたが、この力のおかげで

  • 引っ越し先の部屋を決める
  • 引っ越し先で使う家具や日用品を選ぶ
  • 引っ越しの荷造りをする

という、引越しに関わる準備をほとんど自分一人ですることができました。

 

さすがに引越し作業は夫が手伝いましたが、私はお金を出すだけで他はほとんどノータッチでした。

出番がなくて寂しいという気持ちもありましたが、それ以上に自分でやり遂げた長男を誇りに思っています。

 

 

3.使ったら戻すことで身につく「続ける力」

 

何かを使ったら元の場所に戻す。

一見簡単なことのようですが、いつもより疲れているときなどはつい後回しにしてしまうもの。

 

後回しが悪いわけではないのですが、それが続くとやがて部屋が乱れ、片付けることが面倒くさくなってしまいます。

そうならないためにも週に1回まとめて片付けるより、毎日少しずつ片付ける方がよっぽど楽ちんなんですよね。

 

そして毎日「使ったら戻す」を繰り返すことで、決まったことを「続ける力」が身に付き、毎日の勉強やスポーツの練習などでも役に立ちます。

 

面倒くさいな・・・と思っても、5分片付けてみるだけでも全然違いますのでね。

 

子供がちゃんと「元に戻す」ことができるように、手助けをしてあげてくださいね。

 

 

片付けで子供の自立に必要な3つの力を見につけるために

 

  1. おもちゃの整理を通して身につく「選ぶ力」
  2. 収納を考えることで身につく「想像する力」
  3. 使ったら戻すことで身につく「続ける力」

 

この3つの力が子供の自立に大切だということは分かったけど、じゃあどうしたらいいの?という話なのですが。

 

 

おもちゃの整理も収納を考えるときも、主役は子供です。

 

 

「あなたの好きなおもちゃはどれかな?」

「どのおもちゃで遊ぶのが楽しい?」

といった感じに聞きながら子供が好きなおもちゃを選んでもらう。

 

「このおもちゃはどこで遊ぶ?」

「どんなふうに片付けるのが面倒くさくないかな?」

などと話し合いながら収納を考えてみましょう。

 

そして収納が決まったら「使ったら戻す」を繰り返します。

 

最初はうまくいかなくて片付けに時間がかかったり、「捨てなきゃよかった」と思うことがあるかもしれません。

もし「捨てなきゃよかった」と思うことがあったとしても、それも子供にとっては大事な経験です。

 

「いい経験になったね。」

とだけ言って、一緒にがっかりしたり子供を責めたりしないようにしてくださいね。

 

毎日の片付けで身につく3つの力。

選ぶ力

想像する力

続ける力

この3つの力を身に付けた子供は、自立に向かって大きく成長してくれることと思います。

 

子供と一緒に片付けをするときに大事なこと3つ

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 整理収納と子供の自立

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美