ブログ 子供と片付け

子供部屋にぴったりの収納用品の選び方

 

 

 

子供部屋を作ったとき、考えることの1つに

「どんな収納用品を購入しようか?」

ということがあるのではないでしょうか。

 

セミナーでも

「おすすめの収納用品を教えてください。」

というご質問を多くいただきます。

 

そのときに「〇〇という商品がいいですよ。」と、すぐにお答えできればいいのですが…実際には難しいです。

 

なぜなら「収納は入れるモノと置く場所に合わせて決める」ためだからです。

 

子供部屋の大きさや造り、そして子供が持っているおもちゃの種類や数は子供の数だけ違います。

そのため全ての子供部屋にピッタリと合う収納用品はないんですよね。

 

 

収納用品を選ぶ基準

 

例えば洋服であれば好きなメーカー・ブランドだったり、好きな色やデザインで選びますよね。

そして自分のサイズに合ったモノを選びませんか?

 

同じように、収納用品もサイズが大事です。

※ここでいうサイズは「中に入れるモノと置き場所」のサイズです。

 

まずは「中に何を入れるか?」ということを考え、そして「どこに置くか」を考えましょう。

 

それぞれのサイズを計ったら、半分決まったも同じです。

 

 

子供部屋の収納用品を選ぶときの注意点

 

子供部屋の収納用品を選ぶとき、気をつけて欲しいことが1つあります。

 

それは「子供の成長に合わせて変化できるかどうか」ということ。

 

 

例えば子供の小学校入学準備で購入するモノで一番に思い浮かぶのが「ランドセル」じゃないでしょうか。

ランドセルを購入すると同時に、置き場所を作ろうと考える親御さんも多いかと思います。

 

でも、ここで考えて欲しいのが「ランドセルを使う期間」です。

 

基本的に、ランドセルを使うのは小学校の6年間。

その後は中学、さらにその後は・・・と続きますよね。

 

小学生と中学生ではランドセルからスクールバッグに変わるだけでなく、使う教材もガラリと変わります。

もし部活動を始めるのであれば、ウエアや道具も増えることでしょう。

 

そうなるとランドセル専用の収納棚では収まりきらなくなる可能性があります。

 

 

我が家の長男は中学生になったときに陸上部に入りました。

 

私は「陸上部なら練習着とシューズがあればいいから、そんなに収納を増やす必要もないかな」…と思っていたのですが、これが大きな間違いでした。

  • 練習着だけでも朝練と午後練で2セット×洗い替え
  • 大会用のウエアと冬用の防寒ウエア
  • シューズは練習用と大会用が別に必要
  • 体のケアをするための道具や自主練習用の道具

など、びっくりするくらいのモノが増えましてね。

(しかも四種競技という種目の選手だったため、大会用のシューズだけで何足いるの?という状態でした。)

 

どんどん増える部活動のウエアや道具に、長男とギャーギャー揉めながら収納を考えたのは苦い思い出です。

 

どんな部活動でも、表面上だけでは分からないけど必要なモノってあると思います。

しかも子供が中学生になって「この部活にする!」と決めるまでは何が必要になるかは分かりません。

 

そしていざ入部すると、落ち着いて収納を考える余裕はありませんのでね。

あらかじめスペースに余裕をもたせておくことが大事だなと、身に染みて思いました。

 

 

もちろん6年間使うためだけに、ランドセル専用の収納用品を購入するのでも構いません。

でも、もし6年で手放すのはもったいないと思うのであれば、卒業後も使えるように考えた方がいいですよね。

 

じゃあどうしたらいいの?という話ですが。

  • できるだけシンプルなデザインのモノ
  • 同じ棚が追加で買い足せる、棚板の高さが変更できる、棚板が増やせるなど、子供の成長に合わせて収納も成長できるようなモノ

この2つを意識して選ぶと、長く使えていいんじゃないかなと思います。

 

 

まとめ

 

収納を考えるときは「中に何を入れるか」を考えると同時に

 

どこで使うか

誰が使うか

いつまで使うか

 

ということを考えることが大事です。

 

 

子供部屋の収納を考えるとき、つい目の前のモノを中心に考えて専用の収納用品を選んでしまいがちです。

 

もちろん、それが悪いわけではありません。

専用の収納用品はそれだけ使いやすいようにできていますのでね。

 

でも、子供が成長すれば使うモノも変わります

 

子供が成長した時に収納が変わらずにそのままでは、子供が使いにくかったり、入れたいモノが入りきらなくて溢れたりする恐れがあります。

 

そうならないためにも、専用の収納用品を選ぶのであれば「役目を終えたら手放せるモノ」を選ぶ。

もし手放すことが苦手なのであれば「成長させることができる収納」を選ぶ。

 

そこを意識すれば、ぴったりの収納用品を見つけることができますよ。

 

 

 

お知らせ 特性に合わせた片付け 講座のご案内

2021/5/15

公民館講座「特性に合わせたお片付け」延期のお知らせ

    5月31日に予定しておりました岡山市立福浜公民館での講座ですが、緊急事態宣言の影響で延期となりました。 すでにお申し込みをすませ、楽しみに待っていてくださっていた方もいらっしゃると聞いております。申し訳ありません。 再び開催できる準備ができましたら改めてご連絡します。 どうぞよろしくお願いいたします。  

ReadMore

お知らせ 特性に合わせた片付け 講座のご案内

2021/5/15

公民館講座「特性に合わせたお片付け」のご案内

※岡山県が緊急事態宣言の対象になったことにより、公民館講座は延期となりました。 今後の予定は決まり次第改めてお知らせします。 どうぞよろしくお願いいたします。   子供に発達障害があったりグレーゾーンだといわれたりすると「片付けられないのは仕方がない」とあきらめていませんか?   ・片付けている途中で飽きてしまう ・こだわりが強く、モノを捨てられない ・どこに何があるかが分からなくなることが多い     確かに発達障害があったりグレーゾーンといわれる子供には片付けが ...

ReadMore

お知らせ 整理収納サポート

2021/5/6

4月・5月 整理収納サポートご利用可能日のお知らせ

    整理収納サポートをご利用のお客様へ   おかげさまで4・5月のご予約は満席となりました。 ありがとうございました。   4月 4月1日(木)9:30~16:00 4月9日(金)9:30~16:00 4月13日(火)9:30~16:00 4月15日(木)9:30~16:00 4月19日(月)9:30~16:00 4月21日(水)9:30~16:00 4月23日(金)9:30~16:00 4月30日(金)9:30~16:00 5月 5月7日(金)9:30~16: ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

お知らせ 整理収納サポート

2021/3/15

3月 整理収納サポートご利用可能日のお知らせ

整理収納サポートをご利用のお客様へ おかげさまで3月のご予約は満席となりました。 ありがとうございました。   3月 3月24日(水)14:00~16:00 3月26日(金)10:00~16:00 3月29日(月)10:00~16:00 3月31日(水)14:00~16:00 ご希望の日がありましたらメールまたは電話でご連絡ください。 よろしくお願いいたします。   ※整理収納サポートは現在サポート中のお客様のみの対応とさせていただいております。 新規のご依頼はお受けしておりませんので ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美