ブログ 子供と片付け

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミングっていつ?

子供とおもちゃの整理

 

おもちゃの量が多いと子供が片付けられなくなり、おもちゃの整理が必要になってきます。

 

とはいえ、おもちゃは子供にとって大切なモノ。

「量が多い」という理由だけでは納得できないことも…

 

かといって子供がいないときにこっそり…というのはよくありませんのでね。

子供がその気になりやすいタイミングを狙って、声をかけてみましょう。

 

 

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミング

 

子供のおもちゃの整理に誘いやすいタイミングは、子供の誕生日の前クリスマスの前です。

なぜかというと、どちらも「プレゼントとしておもちゃが届く」可能性が高いから。

 

 

整理収納の基本では「1つ増えたら1つ減らす」と言われていますが、あえて増える前に整理をする理由は

・あらかじめ置き場所を作っておくことで、すぐに遊べてすぐに片付けることができる

・おもちゃが届いた後だと遊びたい気持ちが強くておもちゃの整理をする気持ちになりにくい

という2つです。

 

特にクリスマスは年末に近いため年末年始の予定が入っていることも多く、おもちゃが届いた後だとおもちゃの整理の時間を確保することが難しくありませんか?

(それにせっかく整理してもゴミの回収スケジュールなどですぐに家から出すことが難しい場合もあります。)

 

あらかじめおもちゃの整理をしておけば、本来の予定に集中できますし、ゆっくりと遊ばせてあげることができますよ。

 

 

おもちゃの整理の目的は何?

 

つい、「おもちゃの整理=いらないおもちゃを捨てる」と考えてしまいがちですが、本来のおもちゃの整理の目的は「子供にとってちょうどいいおもちゃの量にする」ことです。

 

そしておもちゃの整理をするときは、遊んでいないおもちゃを探すより遊んでいるおもちゃを選ぶ方がずっと楽ですし、「選んだおもちゃを捨てる、手放す」という気持ちで選ぶより「好きなおもちゃを選ぶ」方が選びやすいのでね。

 

「使っていないおもちゃはどれ?」
と聞くより

「今遊んでいるおもちゃはどれ?」
と聞くほうが子供は判断がしやすいです。

 

もしかしたら

「どれも遊んでる!」
と言うかもしれません。

 

その場合は
「一番好きなおもちゃはどれかな?」
「好きなおもちゃを順番に〇個、教えてみてくれる?」

といった具合に、子供が好きだと思っているおもちゃを選んでもらってくださいね。

 

 

おもちゃの整理の注意点

 

おもちゃの整理をするときは

  1. 事前に子供と話をする
  2. 子供と一緒におもちゃの整理をする

ということが大切です。

 

事前に話をする理由とポイント

 

大人がおもちゃの量が多く、整理をしなくてはいけないと思っていても、子供も同じように思っているとは限りません。

 

なぜなら例え片付けが大変でも、おもちゃは子供にとって大切なモノ。

・なぜおもちゃを整理しなくてはいけないのか?

ということが納得できなければ、気持ちよくおもちゃの整理をすることは難しいでしょう。

 

そのため

おもちゃを整理する理由

どのくらいの量がちょうどいいか

いつおもちゃの整理をするか

などを子供に事前に話してあげてください。

 

そして、このとき

「おもちゃを減らさないとプレゼントはないよ。」
という言い方は避けてくださいね。

 

「おもちゃの整理をしないと嫌なことがある」と思いながら悲しい気持ちでおもちゃの整理をするより「頑張るといいことがある」と思える方が子供のやる気につながります。

 

「新しいおもちゃが届く前に、置き場所を作っておこうよ。」
といった具合に、前向きな気持ちになるような声かけをしてあげてください。

 

子供と一緒におもちゃの整理をする理由とポイント

 

子供と一緒におもちゃの整理をすると「全部いる!」と言い出したり途中で遊びだしたりして時間がかかることが多いです。

そのため「子供がいない間にこっそりおもちゃを整理しよう」という方も多いかもしれません。

 

でも・・・例え我が子でも、子供がいない間に勝手におもちゃの整理をするのはよくありません

 

なぜならおもちゃの持ち主は子供だからです。

 

もし、自分が仕事や買い物などで外出している間に家族が自分のモノを勝手に整理して捨ててしまっていたらどう思いますか?

それがずっと使っていなかったモノだとしても、嫌な気持ちになるのではないでしょうか。

 

 

子供だって同じです。

 

 

どんなおもちゃを大切に思っているかは、子供自身にしか分かりません。

お店で買った高価なおもちゃより、自分で作ったボロボロの工作物の方が大事ということだってありますのでね。

 

おもちゃの整理は必ず子供と一緒にしてあげてくださいね。

 

もし、どうしても「遊んでいないけど捨てたり手放すのは嫌!」というおもちゃがある場合は、無理に捨てたり手放す必要はありません。

ひとまとめにして、子供のおもちを片付ける場所とは違うところに保管しておいてあげてください。

そして次のおもちゃの整理のタイミングで、保管していたおもちゃも一緒にどうするか?を考れば大丈夫です。

 

 

子供と一緒におもちゃの整理をするのは時間がかかります。

だからと言って、子供がいないときにこっそり整理をすると親子の信頼関係にヒビが入る恐れがありますのでね。

 

子供の誕生日の前

クリスマスの前

 

などのおもちゃの整理に誘いやすいタイミングを上手に利用して、子供と一緒におもちゃの整理をするようにしてくださいね。

 

子供と一緒に気持よくおもちゃの整理をするには?

 

子供のおもちゃ、勝手にこっそり捨ててはいませんか?

 

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美