ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

発達障害のある子供の片付けに大切なこと3つ

 

発達障害のある子供と片付け

 

発達障害のある子供には、片付けが苦手な子供が多いと言われています。

だからといって、その子がずっと片付けができないままというわけではありません。

 

逆に子供のうちから片付けの習慣が身に付いていた方が、その子にとってもいいことばかりなのでね。

 

「発達障害があるから仕方がない」といって代わりに片付けるのではなくて、子供自身で片付けられるように考えてみませんか?

 

発達障害のある子供の片付けは「モノは少なく、収納は目で見て分かるように」が基本ですが、それと同じくらい大事なポイントは次の3つです。

 

1.自分を知る

2.道具に頼る

3.人に頼る

 

 

自分を知る

 

これは「どんな診断名がついているのか?」という意味ではありません。

 

もちろん診断名は大事ですが、同じ診断名でも違う特性があったり、複数の診断名がつく場合もあります。

そうなると、診断名だけではどう対処したらいいかが分かりにくいことがあります。

 

大事なのは

「その子は何に困っているのか?」

ということを知ることです。

 

モノがたくさんあると集中できない
→モノを減らす

フタをするとそこに入っているモノが分からなくて見つけられない
→フタをなくす、ラベルを貼る

1つ何かをすると、次にすることを忘れてしまう
→一度に指示を出さずに1つできたら次の支持を出す、メモをとる

など、本人がどんなことに困っていて、それを解消するためにどんな工夫が必要かを知るということがポイントです。

 

 

ある子の親御さんは「机の前に色々貼ると勉強に集中できない」と思って、机の前のプリントをなくすようにしました。

でも、本人は「忘れてしまうから貼ったままにして欲しい」と言います。

 

よくよく話を聞くと、集中できないのは壁のプリントではなくて隣のリビングから聞こえる家族の声が原因だったんですね。

 

結果的に、間取り的に机の位置を変えることは難しかったので、勉強中は静かにするかイヤーマフ(聴覚過敏の方のための道具)を使うかを相談してもらうことになりました。

 

 

このように、「何に困っているか?」が分かれば対処法も分かりますのでね。

 

まずは

・子供が困っていることは何か?

・困っていることの対処法はどんなことか?

ということを理解し、子供自身にも教えてあげてください。

 

 

道具に頼る

 

例えば

・収納用品に何が入っているか分かるようにラベルを貼る
(文字だけよりイラストや写真で作ったラベルを使う)

・子供が集中できそうな時間だけタイマーを使って片付ける

・子供が出し入れしやすいように収納を工夫する
(洋服はたたむよりハンガーにかけたりカゴなどに投げ入れるなど)

・共有スペースは好きな色のマスキングテープを使って自分のスペースを理解する

など、子供の困り事を解消するための道具はどんどん活用しましょう。

 

そして「子供が片付けられる量はどのくらいか」を考えて、モノがたくさんに増えすぎないように気をつけてあげてください。

 

 

人に頼る

 

発達障害があるなしに関わらず「人に迷惑をかけないように」と気を使う親御さんは多いですよね。

でも、完全に人に迷惑をかけずに生きるのは難しいと思いませんか?

 

私は友達に

「もっと私たちを頼って。頼ると迷惑は違うよ。」

と言われてハッとしたことがあります。

 

相手が迷惑に感じるかどうかなんて、頼ってみなければ分かりません。

もしかしたら「それは無理です」と断られるかもしれません。

でも、言わなきゃ分からないことってあるじゃないですか。

頼って断られたら他の方法を考えればいいだけです。

 

まずは大人が周りの人に頼ることで、子供にも頼り方を教えてあげてください。

 

子供がどんなことに困っていて、家でどんな工夫をしているかを学校やなどで共有してもらうだけでも構いませんのでね。

「頼る=迷惑」ではないということを知り、「誰に頼るか?」を一緒に考えてあげてくださいね。

 

 

まとめ

 

「発達障害がある」というだけで、その子供が片付けられないわけではありません

モノを少なく、収納をシンプルにするだけでもかなり片付けやすくなります。

 

そして

・自分が困っていることとその対処法を知ること

・片付けが楽になるように道具を活用すること

・苦手なことを周りの人にフォローしてもらうこと

この3つは、片付けだけじゃなくて生活全般でも役に立ちますのでね。

 

診断名だけにとらわれず、「目の前の子供が何に困っているか?」を考えながらフォローしてあげてくださいね。

 

 

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

 

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 特性に合わせた片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美