ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

発達障害のある子供が片付けられるようになるための対処法

子供 捜し物

 

「発達障害のある子供の片付けは、どこから手をつけたらいいですか?」という質問をいただきます。

 

「発達障害があるから片付けができない」と言われがちですが、決してそうではありません。
確かにSNS映えするような収納は難しいかもしれませんが、工夫次第では片付けられるようになります。

 

基本的に、片付けとは使ったモノを元の場所に戻すことです。
つまり自分が使ったモノを元の場所に戻せるようになればいいということなんですね。

 

発達障害のある子供の片付けは

モノは少なく、収納は目で見て分かるようにする

というのが基本ですが、それ以外に子供それぞれの困りごとに対するフォローも必要です。

 

まずは子供にとって大事なモノ・必要なモノを選んで、目で見て分かるように収納することから始めましょう。

 

 

発達障害の子供が困っていること

 

発達障害の子供が困っていることはいろいろありますが、片付けに関する困り事で言えば大きく次の3つに分けられます。

 

気が散りやすい

こだわりが強い

想像することが苦手

 

それぞれどんな工夫をすればいいのでしょうか。

 

気が散りやすい子供には音と目で分かるように伝える

 

片付けている途中で他のおもちゃに気をとられてしまう子供には、集中できそうな時間をタイマーにセットして

「これが鳴るまでは片付けを頑張ろうね」

と言ってみてください。

 

いきなりすぐにできるようにはなりませんが、「できなくても仕方がない」くらいの気持ちで見守って、できたら目一杯褒めてあげてくださいね。

 

まずは「自分でできた」という経験を積み重ねることが大事です。

 

また、おもちゃの整理をするときなどは言葉で質問するより紙などに「遊んでいる」「遊んでいない」などと書いて、そこにおもちゃを置いてもらう方が分かりやすいです。

(文字が読めない子は〇か×かなどでも構いませんので子供が理解できる表現にしてあげてくださいね。)

 

こだわりが強くて変化に対応するのが苦手な子には早めにシンプルに伝える

 

こだわりの強い子にとって、遊んでいる途中に突然「片付けて!」と言われてもすぐには対応することは難しいです。

 

あらかじめ片付けのタイミング(ご飯の前や寝る前など)をイラストなどを使って説明しておき、片付ける時間が近づいたら「そろそろ片付けの時間だよ」と言いながら様子をみましょう。

 

強引に片付けさせようとしても逆効果なので、片付けのタイミングをルーティーン化するように日々の暮らしの中に片付けのタイミングを組み込むことが大事です。

 

その場合は言葉で伝えるだけじゃなく、イラストなどを使って1日の流れが分かるようにしておくと目で見て確認ができるので伝わりやすくなりますよ。

 

そして収納につけるラベルはこだわりが強すぎるとラベルの通りじゃないと嫌がる場合があります。

シンプルすぎるのもよくないですが、細かすぎても逆効果になるので「どんなラベルが一番子供に負担なく伝わるか」ということを考えてあげてくださいね。

 

想像することが苦手な子供には具体的な表現で伝える

 

想像することが苦手な子供の場合

「片付けて」

「元の場所に戻して」

などの言い方では伝わらないことがあります。

 

その場合は

「このおもちゃを〇〇の絵が書いてあるカゴの中に入れてね。」

といった具合に具体的に伝えてください。

 

他にも

「もう少しで片付けるよ」より「あと〇分で片付けるよ」

「ちゃんと片付けて」より「全部中に入れてね」

「そこに置いて」より「あの棚の〇〇の印の場所に置いてね」

など、言いかえるだけで伝わる表現になる場合はたくさんあります。

 

普段何気なく使っている言葉が、子供に伝わりにくい表現になっていないかどうかも考えてみてくださいね。

 

 

発達障害のある子供の合言葉は「ひとつひとつ」

 

発達障害は脳の発達の偏りが原因と言われています。

そのため本人の努力だけでどうにかなることばかりではありません。

 

大事なのは子供のペースに合わせること。

 

できないことを探して怒るばかりじゃなくて、ひとつできるようになったら、たくさん褒めて次のステップへ。

できることからひとつひとつ、階段を上がるようにできるようになったらいいんじゃないでしょうか。

 

そのためには「子供が困っているのはどんなことか?」と言うことを知り、どうやったらその困っていることが解消できるかを考えながら対処していきましょう。

 

そして「モノは少なく、収納は目で見て分かるように」というのを大事にしてくださいね。

 

発達障害のある子供の片付けに大切なこと3つ

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 特性に合わせた片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美