ブログ 子供と片付け

おもちゃの収納にラベルを付けると片付けが楽になる

おもちゃの収納 ラベリング

 

おもちゃの収納を整えたとき、忘れられがちなのが「ラベル」です。

 

ラベルとは?

入れ物の中に何が入っているかを示したシールやカードのこと。

モノを収納した場所にラベルを付けることを「ラベリング」といいます。

 

ラベルがあればどこに何があるかがすぐに分かるので、モノの出し入れをするのにとても便利なのですが

面倒くさい

後でやろうと思って忘れる

子供が分かっているから大丈夫だと思っている

などという理由で「付けなくてもいいかな」と思ってしまいがちなんですよね。

 

でも、片付けが苦手な人や子供のモノの収納にこそ、ラベルはあった方がいいと思っています。

 

 

ラベルはなぜ必要なのか?

 

ラベルを付けることに慣れてないと「いちいちラベルを付けるのは面倒くさい」と思うかもしれません。

 

ラベルの役目は「どこに何があるかが目で見て分かる」ようにすることです。

 

どこに何があるかが目で見て分かれば、遊びたいおもちゃがすぐに見つかりますし、片付けるときもどこに片付けたらいいかがすぐに分かるので楽ちんです。

 

でも「後でやろう」と思うと、日常の忙しさについ忘れがちですよね。

だからこそ収納を整えたらすぐにラベルを付けて欲しいのです。

 

面倒くさいのは最初だけ。

一度ラベルを付ければ収納を変更したときだけ付け替えればいいので、それほど面倒でもありません。

 

今は100円ショップに「一度貼っても簡単にはがせるラベルシール」というモノがありますのでね。

 

簡単なメモ程度でもいいのでね。

収納を整えたらすぐに、中に何が入っているか分かるようにしてあげてくださいね。

 

 

ラベルは誰のために付けるのか

 

おもちゃの収納の場合、「そのおもちゃで遊ぶ子供が分かっているからラベルがなくても大丈夫」と思うかもしれません。

でも、お友達や祖父母、親戚の子供などが遊びにきたときはどうしましょうか?

 

他の人には分からないからと自分の子供だけで片付けてもらうのは、片付ける子供も納得できないでしょう。

 

だからといって片付けるときに「これはどこに片付けるの?」と聞かれてばかりでは答える方も面倒になります。

 

 

私は長男が幼稚園のときに「長男が分かっているからいいか」と思っておもちゃの収納にラベルを付けていませんでした。

(というか、ラベルを付けるということを考えてもいませんでした。)

そして「分からなかったら聞いてもらえばいいし」とも思っていたのですが、これが大失敗。

 

というのも、長男は友達を家に招くのが好きで、週に3回は誰かが遊びに来ていたんですけどね

毎回片付けのたびに「これはどこー?」「分からんから片付けん!」などというやり取りをしていて、楽ちんどころかかなり面倒くさかったのです。

 

そして友達が元々の場所とは違うところに片付けると長男が「そこじゃない!」と注意して、友達は「わざわざ片付けたのに!」とケンカになる・・・

 

当時は「なんでこんなことになるんだろう?」と頭を抱えていました。

 

でも、幼稚園の保育室ですべてのおもちゃの置き場所にイラストとひらがなで子供でも分かるように書いてあるのを見て「これだ!」と思いましてね。

 

すぐにマネをしておもちゃの置き場所に「何が入っているか」を書きました。

その結果、「どこに何が入っているか分からない」という理由でのトラブルは激減です。

 

たかがラベル、されどラベル

 

この後家中のモノの収納にラベルを付け、それが後日私を救ってくれることになりました。

 

 

ラベルを作るときのポイント

 

子供のおもちゃの収納にラベルをつけるときは「子供が目で見て分かるように」してあげてください。

 

どういうことか?というと

 

例えば「積み木」が入っている場合

・TSUMIKI

・積み木

・ツミキ

・つみき

・積み木のイラストまたは写真

など、いろんな書き方があります。

書き方によっては何が書いてあるか分からない場合がありますし、せっかくラベルをつけても子供が書いてある文字を読めなかったら意味がありませんのでね。

 

そして同じおもちゃでも、大人と子供とでは違う言葉で認識している可能性があるので注意が必要です。

 

例えば

・大人は「レゴ」だと思っていても子供は「ブロック」だと思っている

・大人は「リカちゃん」だと思っていても子供は「にんぎょう」だと思っている

・大人は「プリンセス」だと思っていても子供は「おひめさま」だと思っている

などなど。

(我が家では長男は「たたかい」次男は「へんしん」だと思っていたおもちゃがありました。)

 

せっかくおもちゃの収納にラベルを付けても、子供に伝わらないと意味がありませんのでね。

「どんな風に書いたら分かるかな?」と子供に聞きながら、一緒にラベルを作ってみてくださいね。

 

自分で考えたラベルは、それだけでも子供の片付けのやる気を引き出してくれます。

 

 

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美