グレーゾーン ブログ 子どもと片付け 整理収納 片付け 発達障害

発達障害のある子どもにとっての片付けの力とメリット

 

発達障害と片付けの関連性

発達障害は、注意欠陥多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)、学習障害など、さまざまな特性があり、その特性ゆえに片付けが苦手な人が多いといわれています。

発達障害のある子どもが片付けが苦手な理由の一部として

・集中力が続きにくく片付けの途中で違うことをしてしまう
・やるべきことの優先順位をつけることが苦手で片付けを後まわしにしがち
・片付けに興味がなく、取り掛かるまでに時間がかかる
・どこに何を片付けたらいいか分からなくて困っている
・手先が不器用などの理由で片付けるのが難しい

などが考えられ、これらの理由や背景を考慮して片付けやすい環境を整えることで、多くのメリットを得ることができます。

片付けによるメリット

片付けによる一般的なメリットは次のとおりです。

1.ストレスの軽減

片付いた部屋では目から入る情報が軽減され、やるべきことに集中できる、疲れにくいなどの効果があります。

そして「いつもの場所にいつものモノがある」ことによって日々の暮らしをルーティーン化することができ、変化の苦手な子どもたちも安心して暮らすことができるようになります。

 

2. 作業効率の向上

片付けられた環境は「いつもの場所にいつものモノがある」状態なので使いたいモノがすぐに見つかるため、すぐに作業にとりかかることができます。

また、使いたいモノがすぐに見つかることは忘れ物の防止にもつながります。

3.生活力の向上

衣食住全てのことに関係のある片付けは、子どもの「生活する力」として大きな味方となってくれます。

そして片付けに必要な「モノを整理する力、収納を考える力、片付けを継続する力」はそれぞれ生活に必要な「選ぶ力、想像する力、続ける力」へと繋がっていきます。

効果的な片付けのポイント

発達障害を持つ子どもたちが片付けスキルを身につけるためのいくつかのポイントをご紹介します。

子どもが把握、管理しやすいモノの量にする

モノは多ければ多いほど「収納・管理・片付け」の手間が増え、片付けのハードルが高くなります

まずは今あるモノを子どもが管理しやすい量に減らしましょう。

子どものモノを

・使っている/使っていない
・好き/好きじゃない
・ないと困る/なくても平気

などで分けて、「使っているモノ、好きなモノ、ないと困るモノ」だけを選びとります

選ばなかったモノは捨てる・譲る・売るなどの方法で手放しますが、すぐに手放すことが難しい場合はひとまとめにして生活の邪魔にならない場所に移動させるだけでも構いません。
(分けた日付を記入して1年後など定期的にチェックするといいですよ)

 

子どもが片付けやすい収納にする

・片付けに必要な動作を減らす
・片付けのルールを減らす

などを意識して、子どもが片付けやすい収納になるように整えてあげてください。

 

どこに何があるかが目で見て分かるようにする

収納にラベルをつけることで「どこに何があるかが目で見て分かる」ようにしましょう。
(ラベルはモノを使うときだけでなく、片付けるときにも役立ちます)

※ラベル=収納の中に何が入っているかを書いたカードやシールのこと

 

また、片付け方を忘れやすい子どもには片付けの手順を図に書いておくと分かりやすくておすすめです。

 

まとめ

発達障害のある子どもたちにとって、片付いた環境は、ストレスの軽減、作業効率の向上、生活力の向上など多くのメリットをもたらします。

・子どもが管理しやすいモノの量にする
・子どもが片付けやすい収納にする
・どこに何があるかが目で見て分かるようにする

などを意識して、発達障害のある子どもでも片付けやすい環境を整えてあげてくださいね。

そしてすぐに全部できなくてもどうか怒らないでほしいと思っています。
1つでも片付けができたら誉め、できなくても怒らないようにすると、少しずつできるようになっていきます。

そのためには最初は片付けているところを見せる、次は一緒に片付ける…など、スモールステップで片付け方を教えてあげてくださいね。

 

 

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2024/2/25

【2024.4.11】発達支援教育士認定講座のご案内(総社カルチャーセンター教室)

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子どもにどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? ・落ち着きがなく、じっとしていられない ・片付けが苦手で忘れ物やなくし物が多い ・身なりを気にしないのでだらしなく見える ・ 読み書きなど学習面に困難がある ・視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などが過敏または鈍感 発達障害のある子どもやグレーゾーンといわれる子どもには特性が原因で苦手なことや困難なことがありますが、その特性が理解されないまま「困った子」「できない子」として誤解されがちです。 特性 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 開催報告

2024/2/2

【開催報告】発達支援教育士認定講座(2024.1)

  1月20日(土) リビングカルチャー倶楽部 岡山杜の街教室 1月23日(水) アイ・サポート・ワークス岡山校 1月29日(月) リビングカルチャー倶楽部 福山教室 それぞれの会場にて発達支援教育士の認定講座を開催しました。   いただいたご感想の一部をご紹介します。 ・すごく分かりやすくて生活のヒントがたくさん得る事ができました。 疑似体験をする事で無理な指示を出していた事に気付き我が身を振り返りました。 実際にできるかどうか分かりませんが少しずつ学んだ内容を実行し、子どもと共に適 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2024/1/30

【2024.3.18】発達支援教育士認定講座のご案内(リビングカルチャー倶楽部 福山教室)

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子どもにどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? ・落ち着きがなく、じっとしていられない ・片付けが苦手で忘れ物やなくし物が多い ・身なりを気にしないのでだらしなく見える ・ 読み書きなど学習面に困難がある ・視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などが過敏または鈍感 発達障害のある子どもやグレーゾーンといわれる子どもには特性が原因で苦手なことや困難なことがありますが、その特性が理解されないまま「困った子」「できない子」として誤解されがちです。 特性 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2024/1/30

【2024.2.28】発達支援教育士認定講座のご案内(リビングカルチャー倶楽部 福山教室)

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子どもにどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害のある子どもやグレーゾーンといわれる子どもには特性が原因で苦手なことや困難なことがあり、その特性が理解されないまま「困った子」「できない子」として誤解されがちです。 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子どもによってそれぞれ違います。 そのため適切な支援のために大事なのは ・その子はどんな子どもだろうか? ・その子の困っていることは何か? を理解して「その子に ...

ReadMore

お知らせ 発達支援教育士

2024/1/18

発達支援教育士認定講座 価格改正のお知らせ

  いつもご愛顧いただきましてありがとうございます。   誠に勝手ながら、2024年4月1日より、発達支援教育士認定講座の受講料が23,650円から24,750円に変更となります。 ※受講料のみ値上がりとなります。認定料とテキスト代は変わりません。   <内訳> 受講料 15,000円(16,500円・税込)→16,000円(17,600円・税込) ※1,100円の値上がりです 認定料 5,500円(税込)※変更なし テキスト代 1,650円(税込)※変更なし   ...

ReadMore

-グレーゾーン, ブログ, 子どもと片付け, 整理収納, 片付け, 発達障害