ブログ 子供と片付け 整理収納

子供が片付けられるようになるまでどのくらいかかるでしょうか

子供に片付けられるようになってほしい親心

 

 

子供に片付けられるようになって欲しい。

毎日コツコツじゃなくて、今!すぐに片付けられるようになる方法ってないの?

そう思う方は、少なくないと思います。

 

子供が片付けられるようになれば、毎日「片付けなさい!」と怒らなくてすむのでイライラしなくていいですし、子供が片付けてくれている間に他の家事ができると、とっても助かります。

 

だからこそ、1日でも、いや1秒でも早く片付けられるようになって欲しいと思うのは自然なことだと思います。

 

ただ…残念ながら、1日2日で子供が片付けられるようになるか?と聞かれると私の答えは「NO」です

 

なぜなら片付けは「技術×習慣」で身につくものだから。

つまり子供に合った片付け方を知り、毎日片付けることによって身につくものだからです。

 

そして子供に合った片付け方を知るためには「なぜ子供は片付けられないのか?」を知る必要があります。

 

子供が片付けられない理由

 

子供が片付けられない理由は3つあります。

・おもちゃの量が多くて負担になっている

・収納が子供に合っていないので片付けが大変

・片付け方が分からない

 

順番にご説明しましょう。

 

おもちゃの量が多くて負担になっている

 

おもちゃの量が多ければ多いほど、片付けの負担も増えます。

そのため「おもちゃの量が多くて片付けられない」のであれば、おもちゃを減らすしかありません。

 

といっても、捨てるという意味ではないですよ。

子供のスペースに収納するのは子供が無理なく片付けられる量だけにして、残りは別の場所で保管するだけでも構いません。

 

そしてもし減らせないのであれば、増やさないことも大事です。

 

例えば外出先などでおもちゃを見れば子供は「欲しい」と思いますが、その後の片付けのことまでは考えてはいませんのでね。

いくら「買ったらちゃんと片付けるんだよ。」と言っておもちゃを買っても、実際に片付けてみないとできるかどうかは分からないものです。

だから片付けない子供に「片付けるって言うから買ったのに!」と怒っても仕方のないことなんですよね。

 

おもちゃの量が多いかどうかは、子供自身で考えることは難しいです。

だからこそ、大人が時々チェックしてあげてくださいね。

 

我が家のおもちゃは多い?少ない?ちょうどいいおもちゃの量

 

収納が子供に合っていないので片付けが大変

 

ちゃんとおもちゃの置き場所を決めていて、ラベルもつけているのに片付けない場合はおもちゃの収納が子供に合っていない可能性があります。

 

収納にフタがついているだけで面倒くさいと思ったり、カゴに入れることすら嫌だと思う子供もいますのでね。

 

収納を整えたのに子供が片付けない場合は「どこか片付けにくいところがあるのかな?」と聞いてみてあげてくださいね。

 

子供が片付けやすいおもちゃの収納

 

片付け方が分からない

 

「え?毎日片付けてるのに分からないってなぜ?」

と、思う方がいるかもしれません。

 

確かに毎日片付けていれば「子供も片付け方が分かっているだろう」と思うのも無理はありません。

 

以前ある小学生の女の子と話をしたとき

「片付けなさいって言われると、いつもその辺に突っ込んでるの。それじゃあダメなの?」

と、質問されたことがありました。

 

本人も何か違和感を感じていたから質問してきたのでしょう。

だって「突っ込んでる」って、自分で言っちゃってますからね。

 

基本的に片付けとは「使ったモノを元の場所に戻すこと」です。

だから部屋に散らかっているモノを「適当に空いているスペースに突っ込む」という行為は片付けとは言えません。

 

そう説明すると、納得したようでした。

 

でも、それでその女の子が片付けができるようになるかは別の問題です。

 

なぜなら「元の場所」を作る作業をしなくては「元に戻す」ことはできないからです。

そのため「まずはお家の人と一緒におもちゃの置き場所を考えてみてね。」と伝えました。

 

片付けの負担にならないおもちゃの量

子供が片付けやすい収納

子供に合った片付け方を教える

 

この3つが、子供が片付けられるようになるためには大切なことです。

そして「教えたからすぐにできるようになる」のではなくて、毎日の積み重ねが大事だということ。

 

千里の道も一歩からです。

どうか長い目で見守ってあげてくださいね。

ブログ 子供と片付け 家族と片付け 整理収納

2022/8/8

祖父母から子供へのプレゼントに困っていませんか?

  目次祖父母から届く子供への贈り物祖父母が贈ってくれた気持ち祖父母が贈ってくれたモノ気持ちとモノとを分けて考えるまずは「感謝の気持ち」を伝えることから祖父母に断るときの言葉選びここぞという時のおねだり作戦祖父母には自分たちの人生を生きて欲しい 祖父母から届く子供への贈り物 おもちゃや絵本・洋服など、子供へと届く祖父母からのプレゼントに困っていませんか?   祖父母からすると「かわいい孫のためにと思っての行動」、つまり決して意地悪な気持ちではなく、愛情からくる行動なんですけどね。 受け ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納

2022/8/5

小学生の長期休暇、学校から持ち帰ったモノの置き場所は

  目次長期休暇に持ち帰る学用品置き場所を決めるときのポイント休みの間に使いたくなったら? 長期休暇に持ち帰る学用品 夏休み、冬休み、春休みなど、小学校に通う子供の長期休暇中は学校に置いている学用品を持ち帰るご家庭は多いのではないでしょうか。   参考までに、下の写真は私の次男が小学6年生の夏休みに持ち帰った学用品です。 (2022年7月) 【内訳】 ・上履き ・体育館シューズ ・体操服セット ・お道具箱 ・絵の具セット ・習字セット ・裁縫セット ・彫刻刀セット(これは家にありました ...

ReadMore

お知らせ

2022/8/8

夏季休暇のお知らせ

  平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。 お客様につきましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。   夏季休暇期間 2022年8月13日(土)から2022年8月16日(火)まで 2022年8月17日(水)9:00より通常営業とさせていただきます。   夏季休暇期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、8月17日(水)より順次ご連絡させていただきます。 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/8/3

【2022.9.10】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)のご案内

  ※満席につきキャンセル待ちで受付中です。   発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供の環境を整え、適切な支援のヒントが分かる講座を開催します。     日時 9月10日(土)10:00~16:30(昼休憩あり) 会場 リビングカルチャー倶楽部表町教室 (岡山市北区表町)会場地図URL   受講料 16,500円(ymarker">事前にリビングカルチャーへお支払いください) テキスト代、認定料 7,150円(当日現金にてお支払いください)   ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/8/3

【8/22・9/5】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

    ※おかげさまで両日ともに満席となりました。   発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要 ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 整理収納

© 2022 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美