ブログ 子供と片付け 整理収納

我が家のおもちゃは多い?少ない?ちょうどいいおもちゃの量

なかなか終わらない片付けにイライラしませんか?

 

 

毎日のおもちゃの片付けで「大人が思っている以上に時間がかかった」「片付けていたと思ったらいつの間にかおもちゃで遊んでいた」ということはありませんか?

 

そのためせっかく作った食事が冷めてしまったり、寝る時間がいつもより遅くなったりすると

「なんでもっと早く片付けてくれなかったの!」

と、イライラしますよね。

 

そして

「どうして1人で全部片付けることができないんだろう?」
「もしかしたら、私の教え方が悪かったのかしら・・・」

などと不安になるかもしれません。

 

・片付けやすいおもちゃの収納場所を決めているのに時間がかかる

・片付けの途中で遊んでしまってなかなか終わらない

という場合は、おもちゃの量が多いために片付けの途中で集中力が切れてしまうのが原因の1つです。

 

子供が集中できる時間

 

子供が何かに集中できる時間は

・未就学児だと年齢×1~1.5分
・小学生だと学年×10分

だといわれています。

※子供の性質や体調によってバラつきがあったり、何をしているか?によっても集中できる時間は変わります。

 

例えば小さい子供向けのテレビ番組などは、5~10分くらいの短い時間で内容が変わっていませんか?

テレビ番組のように子供が好きそうなことでさえ、集中して見られる時間に限界があるということを考えると、片付けに対する集中力なんて長くは続かないというのは仕方がないことですよね。

 

だからこそ、子供にサクッと片付けてもらうためには子供が集中できる時間で片付けられる量にしておくことが大事になってきます。

 

子供が集中して片付けられるおもちゃの量を考える

 

では、「子供が集中できる時間で片付けられるおもちゃの量」ってどのくらいなのでしょうか?

例えば「収納用のカゴ〇個分」のように明確な基準があれば分かりやすいのですが、残念ながらそうはいきません。

 

なぜならおもちゃの量が多いかどうかを判断するときの判断基準の主役は「その家の子供」だからです。

 

同じ時間でも片付けられるおもちゃの量は子供によって違いますのでね。

年齢とか性別とかだけで、簡単に決められるものではないんですね。

 

じゃあどうしたら分かるのでしょう?

 

先ほどの「子供が集中できる時間の目安」を参考に考えると、小学生くらいだと子供が1人で10分以内に片付けられる量までが、その子にとってちょうどいいおもちゃの量ということになります。

 

ただ、遊んだ後は疲れていることが多いですからね。

子供が1人で5分以内に片付けられる量までというのを目安にしていただければいいかと思います。

 

そして未就学の子供の場合は大人と一緒に片付けることが多いですからね。
「大人と一緒に5分以内で片付けられる量まで」を目安にしてください。

 

今、片付けにかかっている時間

 

子供にとってちょうどいいおもちゃの量の目安が分かったら、実際に今あるおもちゃが多いかどうか調べてみましょう。

 

まずはいつも通りに片付けて、どのくらいの時間がかかるか調べてみます。

といっても、ストップウォッチを持って時間を計る必要はありません。

 

例えば、あなたのお子さんが好きな歌はありますか?

その歌の長さはどのくらいですか?

 

1曲2~3分くらいなら2回分、1曲4~5分くらいなら1回分が目安です。

 

その歌を流しながら片付けてもらってください。
(場合によっては一緒に片付けても大丈夫です)

 

その歌が流れている時間内に片付けられなかったら、おもちゃの量が多くて片付けが負担になっている可能性があるということになります。

 

おもちゃの量が多かった時の対処法

 

実際におもちゃを片付ける時間を計ってみて、量が多いと感じたとき

「うちのおもちゃは量が多い!減らさなきゃ!!」

と、いきなり減らさなくても大丈夫です。

 

どんなおもちゃも、子どもにとっては大切なモノ。

多くて片付けが大変だからといって急に数を減らすと言われたら、子供にとっては一大事ですからね。

 

 

まずは

・なぜおもちゃの量を減らすのか

・どのくらいの量まで減らすのか

この2点をしっかり子どもに説明してあげてください。

 

そして子どもが納得してからおもちゃの整理をする日にちを決めて、子供と一緒に少しずつおもちゃの整理をしていきましょう。

(整理とは、今ある全部のおもちゃを「遊んでいるおもちゃ」と「遊んでいないおもちゃ」に分けて「今遊んでいるおもちゃ」だけを選ぶことです。)

 

子供と一緒に整理した後の「遊んでいないおもちゃ」はすぐに捨てなくても構いませんのでね。

ひとまとめにして子供部屋やおもちゃ置き場とは違う場所に移動させるだけでも大丈夫です。

 

大事なのは「子供が自分で片付けられる量を知ること」です。

そしておもちゃの量が多いかどうかの判断基準の主役は「持ち主である子供」です。

 

もし、子供と一緒に整理して「遊ばない」と判断したはずのおもちゃを「やっぱりまだ遊びたい」と子供が言ってきたときは、遊んでいるおもちゃのどれかと入れ替える形で復活させてあげてください。

それなら子供部屋やおもちゃ置き場のおもちゃの量は大きく変わりません。

 

おもちゃの片付けが子供にとってストレスにならない毎日を送ることができるように、無理なく片付けられる量を一緒に考えてあげてくださいね。

 

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミング

 

お知らせ グレーゾーン 公民館講座 整理収納 発達障害 講座のご案内

2022/5/20

【2022.7.12】公民館講座「特性に合わせたお片付け」のご案内

  子供に発達障害があったりグレーゾーンだといわれたりすると「片付けられないのは仕方がない」とあきらめていませんか?   ・片付けている途中で飽きてしまう ・こだわりが強く、モノを捨てられない ・どこに何があるかが分からなくなることが多い     確かに発達障害があったりグレーゾーンといわれる子供には片付けが苦手な子供が多いです。   だからといって「発達障害がある=片付けられない」というわけではありません。   その子が何に困っているかを知り、 ...

ReadMore

お知らせ 公民館講座 整理収納 講座のご案内

2022/5/6

【2022.6.3/6.10】公民館講座「幸せになるラクチンお片付け」のご案内

  ☑片付けたいけどどこから手をつけたらいいか分からない ☑もったいなくてモノが捨てられない ☑片付けやすい収納方法が知りたい など、片付けられなくて困っている方のための講座を開催します。   【幸せになるラクチンお片づけ講座】 自分のライフスタイルに合った整理・収納・片付け 新型コロナウイルス感染症が拡大し、おうち時間が増えています。 我が家でより快適に過ごすために、おうちの片付けをしてみませんか? 自分に必要なモノを見極め、自分の生活に合った収納術を学習し、無駄をなくす暮らしを考え ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/4/22

【2022.6.18】発達支援教育士認定講座(倉敷物語館)のご案内

    発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供たちの環境を整え、適切な支援のヒントが分かる講座を開催します。   日時 6月18日(土)10:00~16:30(昼休憩あり) 会場 倉敷物語館 多目的ホール (倉敷市阿知2丁目23-18)会場地図URL   受講料 16,500円(事前にリビングカルチャーへお支払いください) テキスト代、認定料 7,150円(当日現金にてお支払いください)   お問い合わせ・お申込みは下記のリンクよりお願いします。 発達 ...

ReadMore

お知らせ

2022/4/22

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。 誠に勝手ながら、下記日程をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。   【休業期間】2022年4月29日(金)~5月5日(木)   ※期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、ゴールデンウィーク休業期間後5月6日(金)より順次対応させていただきます。 みなさまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。           &nbsp ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/4/16

【2022.5.15】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)のご案内

      発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供たちの環境を整え、適切な支援のヒントが分かる講座を開催します。   日時 5月15日(日)10:00~16:30(昼休憩あり) 会場 リビングカルチャー倶楽部表町教室 (岡山市北区表町)会場地図URL   受講料 16,500円(事前にリビングカルチャーへお支払いください) テキスト代、認定料 7,150円(当日現金にてお支払いください)   お問い合わせ・お申込みは下記のリンクよりお願いしま ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 整理収納

© 2022 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美