ブログ 子供と片付け 整理収納

子供部屋の役目と収納の考え方

 

子供部屋は何のためにあると思いますか?

 

例えば

・自分で自分のことができるようになってほしい

・集中して勉強してほしい

など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思います。

 

そしてその目的のために子供部屋を作り、収納を整えますよね。

目的に合わせた子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に考えて欲しいことがあります。

 

それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。

(整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)

 

どういうことか?というと

まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなんですけどね。

「どこで何をするか?」を考えるために、まずは「子供部屋ですることとは何か?」ということを考えてみましょう。

 

 

子供部屋で何をするか?ということについて

 

子供部屋で何をするか?についてですが、子供が小さいうちは「遊び」がメインになることが多いと思います。

そして成長するにつれて「勉強」をするようになり、やがて「着替える」「寝る」という時期もやってきます。

 

そう考えると、子供部屋ですることは

・遊ぶ(趣味や娯楽を楽しむ)

・勉強する

・生活する(着替える、寝る)

と、大きく3つに分けることができますね。

 

そしてその3つに必要なスペースが混ざらないように

・遊ぶ(楽しむ)ためのスペース

・勉強のためのスペース

・着替える、寝るためのスペース

といった具合に区切ります。

(これをゾーニングといいます)

 

 

ゾーニングのメリット

 

子供部屋を「遊ぶ、学ぶ、暮らす」という3つにゾーニングすることのメリットは「それぞれの作業に集中することができる」ということです。

 

子供部屋のゾーニングのポイントは3つです。

 

・子供が勉強に集中できるようにするために、勉強する場所には勉強に使うモノだけを置く

・勉強に使うモノをおもちゃだと勘違いしないために遊ぶための場所には遊びに使うモノだけを置く

・着替える場所には洋服や小物だけを置く

 

例えば勉強するスペースに遊ぶためのモノが置いてあると、そちらに気を取られて集中できなくなる恐れがあります。

学習机の本棚に教科書と一緒にマンガ本を置いていて、ついマンガ本を手に取って読みふけった経験はありませんか?(私はあります)

 

それに勉強で使うモノと遊びに使うモノとが同じ場所に置いてあると、弟や妹、または遊びにきた小さい子供が勉強で使うモノで遊んでトラブルになるということがあります。

小さい子供には「勉強で使うモノと遊びで使うモノ」の区別が難しいため、勉強で使うモノをおもちゃだと勘違いしても仕方のないことなんですよね。

そういったトラブルを防ぐためにも、置き場所を分けるというのは大事です。

 

そして着替える場所には洋服や小物など、身支度を整えるためのモノだけを置くようにします。

 

そうすることによって

・着替えに集中できる

・自分が持っている洋服や小物が把握しやすくなる

・着た後の洋服や小物の片付けや管理が楽になる

というメリットがあります。

 

このように「子供部屋で何をするか?」によってそれぞれ使うモノを分けて置くことで生活にメリハリが生まれます。

 

特に特性のある子供の場合はそれぞれの場所を決めておくことで生活がルーティーン化して、居住空間が乱れることを防ぐことができますのでね。

 

まずは子供部屋を「何をするか?」に合わせて区切り、それぞれの場所にそれぞれで使うモノを収納できるように考えてあげてくださいね。

 

子供部屋の役目とは

 

私は子供部屋の役目には、そこで生活をするだけでなく「自立の準備をする」ということも含まれていると思っています。

 

・自分のことが自分でできるようになる

・限られた空間で自分で自分のモノを管理する

など、自立に向けての子供部屋の役割は大きいです。

 

だからこそ、子供部屋の「どこで何をするか?」を意識して家具を配置したり収納を考えたりすることは子供にとって大事な意味がありますのでね。

ぜひ、「どこで何をするか?」を意識した子供部屋を一緒に考えてあげてくださいね。

 

整理収納で身につく子供の自立へつながる3つの力

 

 

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.11.29】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.10.26】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 家族と片付け 整理収納

2022/8/8

祖父母から子供へのプレゼントに困っていませんか?

  目次祖父母から届く子供への贈り物祖父母が贈ってくれた気持ち祖父母が贈ってくれたモノ気持ちとモノとを分けて考えるまずは「感謝の気持ち」を伝えることから祖父母に断るときの言葉選びここぞという時のおねだり作戦祖父母には自分たちの人生を生きて欲しい 祖父母から届く子供への贈り物 おもちゃや絵本・洋服など、子供へと届く祖父母からのプレゼントに困っていませんか?   祖父母からすると「かわいい孫のためにと思っての行動」、つまり決して意地悪な気持ちではなく、愛情からくる行動なんですけどね。 受け ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納

2022/8/5

小学生の長期休暇、学校から持ち帰ったモノの置き場所は

  目次長期休暇に持ち帰る学用品置き場所を決めるときのポイント休みの間に使いたくなったら? 長期休暇に持ち帰る学用品 夏休み、冬休み、春休みなど、小学校に通う子供の長期休暇中は学校に置いている学用品を持ち帰るご家庭は多いのではないでしょうか。   参考までに、下の写真は私の次男が小学6年生の夏休みに持ち帰った学用品です。 (2022年7月) 【内訳】 ・上履き ・体育館シューズ ・体操服セット ・お道具箱 ・絵の具セット ・習字セット ・裁縫セット ・彫刻刀セット(これは家にありました ...

ReadMore

お知らせ

2022/8/8

夏季休暇のお知らせ

  平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。 お客様につきましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。   夏季休暇期間 2022年8月13日(土)から2022年8月16日(火)まで 2022年8月17日(水)9:00より通常営業とさせていただきます。   夏季休暇期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、8月17日(水)より順次ご連絡させていただきます。 ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 整理収納

© 2022 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美