ブログ 子供と片付け 整理収納

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミング

子供とおもちゃの整理

 

おもちゃの量が多ければ多いほど、子供が片付けるときの負担が増えてしまいます。

そこで大切なのは、おもちゃの整理をして子供が片付けられる量を維持することです。

 

おもちゃの整理とは、今あるおもちゃを「遊んでいるおもちゃ」と「遊んでいないおもちゃ」に分けて「遊んでいるおもちゃ」を選ぶことです。

 

とはいえ、おもちゃは子供にとって大切なモノ。

「量が多い」という理由だけでは納得できないこともあります。

 

だからといって「子供がいないときにこっそり整理して量を減らす」というのはよくありませんのでね。

子供がその気になりやすいタイミングを狙って、一緒におもちゃの整理をするように声をかけてみましょう。

 

 

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミング

 

子供をおもちゃの整理に誘いやすいタイミングは、子供の誕生日の前クリスマスの前です。

なぜかというと、どちらも後に「プレゼントとしておもちゃが届く」可能性が高いからです。

 

 

整理収納の基本では「1つ増えたら1つ減らす」と教わりますが、あえて増える前に整理をするのには理由があります。

 

それは

・あらかじめ置き場所を作っておくことで、すぐに遊べてすぐに片付けることができる

・おもちゃが届いた後だと遊びたい気持ちが強くて子供がおもちゃの整理をする気持ちになりにくい

という2つです。

 

特にクリスマスは年末に近いこともあり、年末年始の予定が入っていることも多く、おもちゃが届いた後だとおもちゃの整理の時間を確保することが難しくありませんか?

それにせっかく整理して捨てると判断してもゴミの回収スケジュールの都合などで捨てられなかったり、リサイクルショップなどに持って行く時間がとれなかったりで、すぐに家から出すことが難しい場合があります。

 

ただ、「整理=捨てる」ではありませんのでね。

遊んでいないおもちゃをすぐには捨てない場合は、ひとまとめにして別の場所へ移動させるだけでも大丈夫です。

 

おもちゃが届くことが分かっている場合にあらかじめおもちゃの整理をしておけば、新しいおもちゃが届いたらすぐにゆっくりと遊ばせてあげることができますし、遊んだ後もすぐに片付けができますよ。

 

おもちゃの整理の目的

 

「おもちゃの整理をする」というと、つい「いらないおもちゃを捨てる」と考えてしまいがちですが、本来のおもちゃの整理の目的は「子供にとって片付けの負担にならない、ちょうどいいおもちゃの量にすること」です。

 

そしておもちゃの整理をするときは「選んだおもちゃを捨てる、手放す」という気持ちで選ぶより「好きなおもちゃを選ぶ」方が選びやすいのでね。

 

子供と一緒におもちゃの整理をするときは「使っていないおもちゃはどれ?」と聞くよりも「今遊んでいるおもちゃはどれ?」と聞いてあげてくださいね。

 

もしかしたら「どれも遊んでる!」と言うかもしれません。

 

その場合は

「一番好きなおもちゃはどれかな?」
「好きなおもちゃを順番に〇個、教えてくれる?」

といった具合に、子供が好きだと思っているおもちゃを選んでもらってくださいね。

 

おもちゃの整理の注意点

 

子供と一緒におもちゃの整理をするときは

1.事前に子供と話をする
2.子供と一緒におもちゃの整理をする

という2つが大切です。

 

事前に話をする理由とポイント

 

大人が「おもちゃの量が多く、整理をしなくてはいけない」と思っていても、子供も同じように思っているとは限りません。

 

「なぜおもちゃを整理しなくてはいけないのか?」ということが納得できなければ、気持ちよくおもちゃの整理をすることは難しいでしょう。

なぜなら例え片付けが大変でも、おもちゃは子供にとって大切なモノだからです。

 

そのため

おもちゃを整理する理由

どのくらいの量がちょうどいいか

いつおもちゃの整理をするか

などを子供に事前に話してあげてください。

 

そして、このときに「おもちゃを減らさないとプレゼントはないよ」という言い方は避けてくださいね。

 

「おもちゃの整理をしないと嫌なことがある」と思いながらおもちゃの整理をするなんて、悲しいじゃないですか。

それよりも「頑張るといいことがある」と思える方が子供のやる気につながります。

 

なので「新しいおもちゃが届く前に、置き場所を作っておこうよ」といった具合に、できるだけ前向きな気持ちになるような声かけをしてあげてくださいね。

 

子供と一緒におもちゃの整理をする理由とポイント

 

子供と一緒におもちゃの整理をすると「全部いる!」と言い出す、途中で遊びだすなどで時間がかかることはよくあることです。

そのため「子供がいない間にこっそりおもちゃを整理しよう」という方もいるかもしれません。

 

でも、例え我が子でも、子供がいない間に勝手におもちゃの整理をするのはよくありません

 

なぜならおもちゃの持ち主は子供だからです。

 

もし、自分が仕事や買い物などで外出している間に家族が自分のモノを勝手に整理して捨ててしまっていたらどう思いますか?

それがずっと使っていなかったモノだとしても、嫌な気持ちになるのではないでしょうか。

 

それは子供だって同じことです。

 

どんなおもちゃを大切に思っているかは、持ち主である子供にしか分かりません。

例えばお店で買った高価なおもちゃより、自分で作った工作物の方が大事だということだってあります。

 

子供と一緒におもちゃの整理をするのは時間がかかります。

だからと言って、子供がいないときにこっそり整理をすると親子の信頼関係にヒビが入る恐れがありますのでね。

 

おもちゃの整理は必ず子供と一緒にしてあげてくださいね。

 

もし、どうしても「遊んでいないけど捨てたり手放したりするのは嫌!」というおもちゃがある場合は、無理に捨てたり手放したりする必要はありません。

ひとまとめにして、子供のおもちゃを片付ける場所とは違うところに保管しておいてあげてください。

そして次のおもちゃの整理のタイミングで、保管していたおもちゃも一緒にどうするか?を考れば大丈夫ですし、何度同じことを繰り返してもいいのです。

そしてもし「別の場所に置いているおもちゃで遊びたい」と言った場合は、おもちゃ置き場にあるおもちゃのどれかと入れ替えることで「今遊んでいるおもちゃ」の量を維持することができます。

 

子供はおもちゃが大好きです。

でも、量が増えすぎるとそれだけ片付けの負担になります。

 

そうならないためにも

子供の誕生日の前

クリスマスの前

など、新しいおもちゃが届く可能性がある前などのタイミングを上手に利用して、子供と一緒におもちゃの整理をするようにしてくださいね。

 

子供と一緒に気持よくおもちゃの整理をするには?

 

子供のおもちゃ、勝手にこっそり捨ててはいませんか?

 

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.11.29】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.10.26】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 家族と片付け 整理収納

2022/8/8

祖父母から子供へのプレゼントに困っていませんか?

  目次祖父母から届く子供への贈り物祖父母が贈ってくれた気持ち祖父母が贈ってくれたモノ気持ちとモノとを分けて考えるまずは「感謝の気持ち」を伝えることから祖父母に断るときの言葉選びここぞという時のおねだり作戦祖父母には自分たちの人生を生きて欲しい 祖父母から届く子供への贈り物 おもちゃや絵本・洋服など、子供へと届く祖父母からのプレゼントに困っていませんか?   祖父母からすると「かわいい孫のためにと思っての行動」、つまり決して意地悪な気持ちではなく、愛情からくる行動なんですけどね。 受け ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納

2022/8/5

小学生の長期休暇、学校から持ち帰ったモノの置き場所は

  目次長期休暇に持ち帰る学用品置き場所を決めるときのポイント休みの間に使いたくなったら? 長期休暇に持ち帰る学用品 夏休み、冬休み、春休みなど、小学校に通う子供の長期休暇中は学校に置いている学用品を持ち帰るご家庭は多いのではないでしょうか。   参考までに、下の写真は私の次男が小学6年生の夏休みに持ち帰った学用品です。 (2022年7月) 【内訳】 ・上履き ・体育館シューズ ・体操服セット ・お道具箱 ・絵の具セット ・習字セット ・裁縫セット ・彫刻刀セット(これは家にありました ...

ReadMore

お知らせ

2022/8/8

夏季休暇のお知らせ

  平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。 お客様につきましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。   夏季休暇期間 2022年8月13日(土)から2022年8月16日(火)まで 2022年8月17日(水)9:00より通常営業とさせていただきます。   夏季休暇期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、8月17日(水)より順次ご連絡させていただきます。 ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 整理収納

© 2022 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美