ブログ 子供と片付け

子供が片付けられるようになるまでどのくらいかかるでしょうか

子供に片付けられるようになってほしい親心

 

 

子供に片付けられるようになって欲しい。

毎日コツコツじゃなくて、今!すぐに片付けられるようになる方法ってないの?

 

そう願う方は、少なくないと思います。

 

子供が片付けられるようになれば、毎日「片付けなさい!」と怒らなくてすむのでイライラしなくていいですもんね。

それに子供が片付けてくれている間に他の家事ができると、とっても助かります。

 

だからこそ、1日でも、いや1秒でも早く片付けられるようになって欲しいと思うのは自然なことだと思います。

 

 

ただ・・・

残念ながら、1日2日で子供が片付けられるようになるか?と聞かれると私の答えは「NO」です

 

なぜなら片付けは「技術×習慣」で身につくものだから。

子供に合った片付け方を知り、毎日片付けることによって身につくものだからです。

 

そして子供に合った片付け方を知るためには「なぜ子供は片付けられないのか?」を知る必要があります。

 

 

子供が片付けられない理由

 

子供が片付けられない理由は3つあります。

・おもちゃの量が多くて負担になっている

・収納が子供に合っていないので片付けが大変

・片付け方が分からない

 

順番にご説明しましょう。

 

おもちゃの量が多くて負担になっている

 

おもちゃの量が多ければ多いほど、片付けの負担も増えます。

そのため「おもちゃの量が多くて片付けられない」のであれば、おもちゃを減らすしかありません。

 

といっても、捨てるという意味ではないですよ。

子供のスペースに収納するのは子供が無理なく片付けられる量だけにして、残りは別の場所で保管するだけでも構いません。

 

そしてもし減らせないのであれば、増やさないことも大事です。

 

例えば外出先などでおもちゃを見れば子供は「欲しい」と思いますが、その後の片付けのことまでは考えてはいませんのでね。

いくら「買ったらちゃんと片付けるんよ。」と言っておもちゃを買っても、実際に片付けてみないとできるかどうかは分からないものです。

だから片付けない子供に「片付けるって言うから買ったのに!」と怒っても仕方のないことなんですよね。

 

おもちゃの量が多いかどうかは、子供自身で考えることは難しいです。

だからこそ、大人が時々チェックしてあげてくださいね。

 

子供が1人で片付けられるおもちゃの量ってどのくらい?

 

収納が子供に合っていないので片付けが大変

 

ちゃんとおもちゃの置き場所を決めていて、ラベルもつけているのに片付けない場合はおもちゃの収納が子供に合っていない可能性があります。

 

収納にフタがついているだけで面倒くさいと思ったり、カゴに入れることすら嫌だと思う子供もいますのでね。

 

収納を整えたのに子供が片付けない場合は「どこか片付けにくいところがあるのかな?」と聞いてみてあげてくださいね。

 

子供が片付けやすいおもちゃの収納

 

片付け方が分からない

 

「え?毎日片付けてるのに分からないってなぜ?」

と、思う方がいるかもしれません。

 

確かに毎日片付けていれば「子供も片付け方が分かっているだろう」と思うのも無理はありません。

 

 

以前ある小学生の女の子と話をしたとき

「片付けなさいって言われると、いつもその辺に突っ込んでるの。

それじゃあダメなの?」

と、質問されたことがありました。

 

本人も何か違和感を感じていたから質問してきたのでしょう。

だって「突っ込んでる」って、自分で言っちゃってますからね。

 

基本的に片付けとは「使ったモノを元の場所に戻すこと」です。

だから部屋に散らかっているモノを「適当に空いているスペースに突っ込む」という行為は片付けとは言えません。

 

そう説明すると、納得したようでした。

 

でも、それでその女の子が片付けができるようになるかは別の問題でしてね。

なぜなら「元の場所」を作る作業をしなくては「元に戻す」ことはできないからです。

だから「まずはお家の人と一緒におもちゃの置き場所を考えてみてね。」と伝えました。

 

片付けの負担にならないおもちゃの量

子供が片付けやすい収納

子供に合った片付け方を教える

 

この3つが、子供が片付けられるようになるためには大切なことです。

 

そして「教えたからすぐにできるようになる」のではなくて、毎日の積み重ねが大事だということ。

 

千里の道も一歩からです。

 

どうぞ、長い目で見守ってあげてくださいね

お知らせ 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー岡山)開催のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して ...

ReadMore

お知らせ 発達障害 講座のご案内

2021/10/21

発達支援教育士認定講座のご案内

  発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供との関わりの中でどのように対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害は目に見えないことが多く、本人がどんなことに困っているかが分かりにくいために怠けている、さぼっているなどと誤解をされることも少なくありません。 発達の気になる子供やグレーゾーンといわれる子供の困りごとを理解してどんな支援が適切なのかを考えることのできる講座を新しくメニューに加えました。   詳しくはホームページの「ご提供中のメニュー」よりご確認ください ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納と子供の自立

2021/3/4

子供部屋の収納を考えるときに意識して欲しいこと

  ・自分で片付けができるようになってほしい ・勉強に集中できるような部屋がいい   など、子供部屋に求めることは人それぞれあるかと思いますが、子供部屋を作るときに「収納をどうするか?」ということよりも先に意識して欲しいことがあります。   それは「子供部屋のどこで何をするか?」ということです。 (整理収納では「ゾーニング」という言葉を使います)   まず子供部屋の「どこで何をするか?」ということを考えて家具の配置を決め、細かい収納はその後で決めるということなのです ...

ReadMore

ブログ 整理収納の基本

2021/1/18

年賀状を保管または処分するときのポイント

  年の始めのご挨拶にと、親しい方やお世話になった方とやりとりをする年賀状。 最近は「年賀状を出すのをやめました」という方も増えてきましたが、「まだ楽しみにしているよ!」という方も多いのではないでしょうか。 私も普段なかなか会えない友人・知人の近況などが分かるので、とても楽しみにしています。   もらった年賀状をどうするか?ということについて   いくら楽しみにしているからとはいえ、毎年のこととなると結構な量になってきませんか? 届いた年賀状を全部保管しようと思うと、収納方法 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 特性に合わせた片付け

2021/1/19

気が散りやすい子供の特性に合わせた整理のポイント

  子供と一緒に(おもちゃなどの)モノの整理をすると、どうしても時間がかかります。 ※モノの整理とはたくさんのモノを「必要なモノ・不必要なモノ」に分けて必要なモノを選ぶことです。   特に気が散りやすいという特性のある子供の場合は 途中で飽きて遊びだす 他のことが気になって集中できない 何をしていたか忘れてしまう などということが起こりやすいです。   一緒に整理をしている身としては 「ちょっと!今はそんなことをする時じゃないでしょ!」 「今は何をする時だった?」 なんてイラ ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け

© 2021 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美