ブログ 子供と片付け 家族と片付け 整理収納

祖父母から子供へのプレゼントに困っていませんか?

 

祖父母から届く子供への贈り物

おもちゃや絵本・洋服など、子供へと届く祖父母からのプレゼントに困っていませんか?

 

祖父母からすると「かわいい孫のためにと思っての行動」、つまり決して意地悪な気持ちではなく、愛情からくる行動なんですけどね。

受け取る側からすると「ありがたいのだけど、モノが増え過ぎるのも困るし…」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とはいえ我が子のためにしてくれたことだと思うと、その行為と気持ちを簡単に無下にするわけにもいかないですよね。

 

このようなときは「祖父母が贈ってくれた気持ち」と「祖父母か送ってくれたモノ」とを分けて考えてみましょう。

 

祖父母が贈ってくれた気持ち

基本的に、祖父母が子供にプレゼントを贈ってくれるのは「孫の喜ぶ姿が見たいから」です。

そのため孫である子供が喜ぶと思うことと、親である私達が困っていることをどう思うかは別問題なのです。

 

だからこそ、簡単に無下にできないけどなんか腹立つんですよね。

「やみくもにモノが増えると困るのはこっちなんですけど!」と叫びたい気持ち、お察しします。

 

祖父母が贈ってくれたモノ

祖父母からの贈り物として届くおもちゃや本、洋服など。

あれば助かるモノもあるかもしれませんが、必ずしも毎回助かるというわけではないのではないでしょうか。

 

そう、助かる贈り物もあれば、困る贈り物もある。

ここが問題なのです。

 

例えば

・着心地やデザインが子供の好みに合わない服
・シミや汚れだらけの子供服のおさがり
・大きすぎて置き場所に困るおもちゃ
・楽器など、音が鳴るため近所への迷惑を考えてしまうおもちゃ
・子供の年齢や好みに合わない知育玩具
・大人が読ませたいと思っている本

などは感謝よりも怒りの気持ちの方が大きくなってしまいませんか?

だからといって「迷惑だ」とも言いにくいのが困るわけですよね。

 

助かるときもあるからこそ、お互いに気まずくならないつきあい方が大事になってくるのだと思います。

 

気持ちとモノとを分けて考える

祖父母が子供に贈り物をするのは孫に喜んで欲しいから。

贈り物は助かるときもあるけど、「想定外の、我が家の事情に合わない贈り物」は困る。

 

この2点を踏まえて、贈り物で気まずくならない祖父母とのつきあい方を考えてみましょう。

まずは「感謝の気持ち」を伝えることから

こちらがどんなに「いらない」と思っても、我が子のためにと考えたり買いに行ったりと「お金や労力」を使ってくださったことは事実です。

そう思うと、まずは素直に「ありがとう」ですよね。

もらったモノがどんなモノであれ、まずは受け取ることにして、お礼を伝えましょう。

そして子供が祖父母のことを嫌いにならないように、もらったモノで態度を変えるという姿を子供に見せないように気をつけることも大事です。
(子どもは見ていないようで、ちゃんと見ていますのでね。)

このように相手の気持ちを一旦受け止めてから、次の作戦に移ります。

 

祖父母に断るときの言葉選び

次々に届くモノを祖父母からの愛情だと思って「ありがとう」と素直に受け取ってばかりでは、予定外のモノが増えるだけですよね。

そこで、ちょっとだけ言い方を工夫してみましょう。

どんなに迷惑に思っていても

「こんなのもらっても迷惑だし」
「もう次からはやめてよ、困るから」なんて言い方ではケンカになるだけです。

(つい言ってしまってケンカになったのは、私です)

我が家の場合、何度も話し合いをして「孫が喜ぶ姿が見たいだけ」ということが分かりました。

でも、そのための行為が「迷惑」だなんて悲しすぎるじゃないですか。

だからこそ、断るときの言葉は慎重に選ぶことが大切なのではないかと学びました。

 

散々考えた結果

「ありがたいのだけど、今は片づけの練習中だから、モノを増やさないようにしている」
「子供が自分で大切なモノを選べるようになるために、協力して欲しい」

など、あくまでも「子供のために協力してもらう」という表現にしてお願いすることによって、事前に相談してもらえるようになったのは大きな収穫でした。

(洋服は実際に私抜きで子供と一緒に買いに行ってもらい、好きなデザインを理解してもらうことに成功しました)

 

ここぞという時のおねだり作戦

我が家はたくさんの話し合いの結果「いつも断られるけんな」なんて言われながらも、モノの届く回数はかなり少なくなってきました。

ただ、いつも断ってばかりで、お互い意固地になるのも寂しいですよね。

 

そこで次に考えたのは「おねだり」作戦です。

 

祖父母も「孫に喜んで欲しいけど、何を贈ったらいいか分からない」と困っている様子だったため、せっかくなら思い切ってリクエストするのもいいんじゃないかと思いましてね。

 

例えば年に1回の誕生日とか
小学校入学時のランドセルとか

「時々こちらからおねだりをしてもいいか?」と、相談してみました。

おかげで「もらったものの、ほとんど使わない」というモノが届くことは減らせることができるようになったと思います。

 

祖父母には自分たちの人生を生きて欲しい

子どもに喜んでもらうためのおねだりが過ぎて祖父母が「孫疲れ」になってしまったら、それこそ本末転倒というものです。

できるだけ長く元気でいてもらうためにも、無理なお願いをしないこと、そして「自分たちの人生」を楽しんでもらうことも大切です。

断りすぎず、受け取りすぎずの微妙なラインを意識しつつ、お互いの「ちょうどいい距離感」を見つけながら、いい関係が築けるといいなと思います。

 

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.11.29】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

お知らせ グレーゾーン 発達支援教育士 発達障害 講座のご案内

2022/9/19

【2022.10.26】発達支援教育士認定講座(リビングカルチャー福山)のご案内

  発達障害がある、グレーゾーンといわれる子供にどう対応したらいいか分からず困ったことはありませんか? 発達障害の特性は目で見えないものが多く、どんな対応が適切かも子供によってそれぞれ違います。 だからこそ大事なのは特性を理解して特性の困りごとに対する「その子に合った支援」を知ることです。   適切な支援のためにはまず環境を整えることが大事です。 そして環境を整えるためには衣食住の全てに関わりのある整理収納の知識と技術が必要です。   発達支援教育士認定講座は「特性を理解して環境を整え、適切な支 ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 家族と片付け 整理収納

2022/8/8

祖父母から子供へのプレゼントに困っていませんか?

  目次祖父母から届く子供への贈り物祖父母が贈ってくれた気持ち祖父母が贈ってくれたモノ気持ちとモノとを分けて考えるまずは「感謝の気持ち」を伝えることから祖父母に断るときの言葉選びここぞという時のおねだり作戦祖父母には自分たちの人生を生きて欲しい 祖父母から届く子供への贈り物 おもちゃや絵本・洋服など、子供へと届く祖父母からのプレゼントに困っていませんか?   祖父母からすると「かわいい孫のためにと思っての行動」、つまり決して意地悪な気持ちではなく、愛情からくる行動なんですけどね。 受け ...

ReadMore

ブログ 子供と片付け 整理収納

2022/8/5

小学生の長期休暇、学校から持ち帰ったモノの置き場所は

  目次長期休暇に持ち帰る学用品置き場所を決めるときのポイント休みの間に使いたくなったら? 長期休暇に持ち帰る学用品 夏休み、冬休み、春休みなど、小学校に通う子供の長期休暇中は学校に置いている学用品を持ち帰るご家庭は多いのではないでしょうか。   参考までに、下の写真は私の次男が小学6年生の夏休みに持ち帰った学用品です。 (2022年7月) 【内訳】 ・上履き ・体育館シューズ ・体操服セット ・お道具箱 ・絵の具セット ・習字セット ・裁縫セット ・彫刻刀セット(これは家にありました ...

ReadMore

お知らせ

2022/8/8

夏季休暇のお知らせ

  平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。 お客様につきましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。   夏季休暇期間 2022年8月13日(土)から2022年8月16日(火)まで 2022年8月17日(水)9:00より通常営業とさせていただきます。   夏季休暇期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、8月17日(水)より順次ご連絡させていただきます。 ...

ReadMore

-ブログ, 子供と片付け, 家族と片付け, 整理収納

© 2022 片付けられない子供が片付けられるようになる。 整理収納に必要な3つの思考で親子の片付けをサポート。 にこぴか松井朋美